大手チェーン調剤薬局から個人経営の小さな薬局へ

30代・女性
職歴:
調剤薬局7年
プロフィール:
調剤薬局で働き始めて7年になりました。
今現在妊娠中でもうすぐ産休・育休に入ります。

大手チェーン調剤薬局を退職

退職理由は2つあります。
1.病院の門前薬局だったため、
私が配属された店舗はとても忙しく、激務でした。
お昼休みは夕方からというのもザラ。
また、近隣の薬局とローテーションで
夜間も開局せねばならず、遅番のときは
帰宅時間が何時になることやらという感じでした。
いっぽうでお給料はすごく低かったので、
あまりやりがいを感じられなかったのです。
2.全国展開しており、色々な薬局を
買収していたのですが、そのわりに薬剤師の数が
足りていませんでした。
他店の薬局に応援要因として駆り出されるのは
しょっちゅうありました。
その場合、その店のやり方を覚えなければならず
効率が悪いと思いました。
また、地方の薬局にも応援要因として
駆り出されることもしばしば。
人員が足りないのであれば仕方ないと
思って行ったものの、応援先の薬局は
特に人が足りないという訳でもなさそうでした。
そこでも全くやりがいを感じられず、
会社の考えに疑問を持ちました。

転職サイトや友人から情報収集、個人経営の薬局へ

・転職サイトに登録して、実際にその会社の人と
お会いして色々とお話を聞かせていただきました。
・友人からの紹介で派遣会社の人を紹介してもらい、
そこでも色々とお話を聞かせていただきました。
・単純に友人から薬局を紹介してもらったこともあります。
(友人の知り合いの方がやっている薬局など)
結果、個人で経営している小さな薬局に転職しました。
お店は全部で3店舗の会社です。
転職してよかったと思います。
もう少し早く転職していてもよかったかも。
今の薬局は患者さんとすごく距離が近く、
薬の話だけでなく生活の話まで
突っ込んでお話できるので楽しいし、やりがいもあります。
お給料もかなりアップし、前の会社のお給料の額は
なんだったのか。。という感じです。
働いている人もみな主婦なので、すごく働きやすい環境です。

大事だと思うことを叶えられる職場に

自分が何を一番に考えているのか考えてみてください。
もしそれが今の会社で叶えられないことであれば、
早めに転職をしてほしいと思います。
転職は悪いことではなく、転職をしてみて初めていろいろ見つかるものもあると思います。

▲ページトップに戻る