完全週休二日制の職場へ転職

50代・女性
職歴:
化学品メーカー5年、調剤薬局約20年(20年のうちに調剤薬局業界の中で3回転職)
プロフィール:
現在54歳の未婚の女性。
おひとりさまなので、
自由時間優先で勤務先を探してきました。
扶養家族もいません。ですから、
マイペースで仕事ができ、休みもわりと
自由にとれる派遣スタッフの立場を選んでいます。
調剤薬局では整形外科・内科・消化器内科・
婦人科・耳鼻科・外科・皮膚科など
色々な科目を経験してスキルアップをしてきました。
最後の転職は3年前。そろそろ老後のことを考えて
何か趣味でも始めたいと思い、転職サイトを利用しました。

病気でも休めず、救急車のお世話に

今回の転職前の最後の職場は、
完全週休二日制ではありませんでした。
有給休暇があっても、人員不足でなかなか休めませんでした。
病気で発熱していても休めないので
ロキソニンを服用しながら仕事していて
帰宅後、救急車のお世話になってしまい
健康を考えても負担の少ない職場を探したいと思いました。

健康のことを考えて転職

扶養家族もいない独身なので、
めいっぱい働くよりも自分の時間を
大切にしたいと思いました。
私が勤務していた三浦半島周辺は慢性的な薬剤師不足のため
処方箋枚数の規定に合う薬剤師がいない状態。
昼休みも落ち着いて食事している時間がありません。
閉店後に薬歴を整理していると帰宅がかなり遅くなり、
家に寝に帰るだけのようになってしまいました。
健康を考えて、もっと良い環境の職場に転職したいと思いました。

趣味を楽しむことができるように

薬剤師の人材派遣会社数社に登録しました。
ファルマスタッフ、M3キャリア、アイデムエキスパートなど。
会社によっては、書面での登録だけでなく
担当者との面接がありました。
面接で薬剤師免許の確認とキャリアシートを提出して、
その後希望に合う職場を紹介していただきました。
コーディネーターが希望の職場との面接を設定してくれて、
企業との面接にも同行して
勤務条件などの確認をしてくれました。
結果、完全週休2日の調剤薬局に転職しました。
駅近で通勤もしやすい職場です。
土日が完全に休みなので、
自由時間が増えて趣味を楽しむこともできるようになりました。
現在のところ、薬剤師は一般に、
自由に職場を選択することができる立場にあります。
薬剤師不足の地域ならなおさらそうです。
思いきって自分の希望に合う職場を探してみる勇気が必要です。
もう少し早く薬剤師の人材派遣会社を利用すればよかったです。

▲ページトップに戻る