薬剤師としての本来の役割を考えて病院勤務に

薬剤師とひとことでいっても、
薬剤師の職場にはいろいろなものがあります。
調剤部のないドラッグストア、調剤薬局、病院、
またそれぞれにおいて、大規模チェーン、中小規模、
個人経営など、規模によって性質が違います。
薬剤師もひとりの労働者で、当然、その人なりの
人生設計や転職計画、キャリア計画があります。
このサイトでは、薬剤師の転職について
情報収集をしたい方のために、実際に転職経験のある
薬剤師の方の経験談を集めています。
ご参考になればさいわいです。
こちらは40代女性の経験談です。
職歴:
大手チェーン調剤薬局10年・中規模チェーンドラッグストア1年・病院12年
プロフィール:
薬剤師として可能なかぎりさまざまな職種を
体験したかったため、何度か転職をしてきました。
薬剤師にもいろんな業種があり、
自分がどれに適しているかは経験してみないことには
わからない、と考えて生きてきました。

薬剤師の意義について考え、調剤薬局とドラッグストアを退職

調剤薬局・ドラッグストアは患者様に接するとはいえ、
患者さまに対して、店側も患者さま側も「お客さま」意識が強く、
本来の純粋な薬剤師業務が本当に行えているか疑問でした。
特にドラッグストアなどは、利益を常に追求され、
薬剤の知識よりも利益率に詳しくならざるをえない状態でした。
それが良い悪いいではなく、私には不向きだと感じたため
転職に踏み切りました。
純粋に薬剤師としての知識を使い、活躍するには
病院薬剤師が一番経験できると考えたため、現在の病院を選びました。

知人のつてやネットを使って情報収集

知人の製薬会社営業の方を通じて
各病院の規模や雰囲気などを調べました。
また、薬剤師会や各病院のHPなども参考にしました。
結局、中規模病院薬剤部へ入職しました。
処方された薬剤について、疑義があれば同じ施設内常駐の医師に
すぐ問い合わせができ、またその問い合わせにより
自らの知識も増えていくという大変良い環境です。
また、調剤薬局と違い、病院内では、医師・看護師・介護士・
作業療法士・理学療法士・医事科事務員など、
他職種とのチーム医療が基本となります。
それにより、一人の患者さまについて、
多方面からのアプローチができることも学べ、
日々新しい発見があります。

常に知識の研鑽を

本来の薬剤師業務とは何か、可能なかぎり早い時期から
勉強すべきです。薬剤師という職種は、資格を取ることが
ゴールではなく、資格をとってからの勉強のほうが
何十倍も大変です。どの業種についたとしても、薬剤師である限り、
常に新しい情報に敏感になり、常に新たな知識を増やしていくべきと考えます。

▲ページトップに戻る